前へ
次へ

離婚裁判に至る前にやっておきたいこと

離婚裁判をする場合は、離婚が決まったと同時に裁判をするわけではなく手順を踏まなければいけません。
通常は、離婚が決まった場合財産や子供をだれが育てるかなどを決めてきます。
特に財産と子供の話しは話がこじれることがありますので、時間をじっくりかけて話し合うのがよいでしょう。
ですが、離婚する二人の間で冷静に話ができるとは限りません。
このような場合には、当事者間だけではどうする事も出来ないため、第3者に入ってもらうべきです。
第3者とは弁護士のことを意味していますが、弁護士が間に入って話し合いをします。
裁判所で話し合いをすればそれを離婚調停と一体します。
離婚調停で決着がつくことが多いですが、それでもなかなか当事者が譲らないと決着がつかないことが多いです。
もしこのような場合には、いよいよ離婚裁判をすることになります。
離婚裁判は、必ずしも判決が出るまで待つ必要はありません。
途中で和解をしてしまっても問題ないのです。

Page Top