前へ
次へ

離婚裁判で相手の借金の立替分を請求

夫婦の一方が借金をしているとき、その保証人でない配偶者はその返済義務を負うかです。
法律上は夫婦であっても借金の返済義務はありません。
ただその借金が家庭の生活のために使われるものの時は夫婦で協力して返済する必要があるでしょう。
夫婦の一方の金遣いの荒さや借金が原因で離婚裁判になるケースがあり、それらは生活を破綻させたことになるので一定の理由として認められるでしょう。
それ以外にもいろいろな請求を離婚裁判で行えます。
一方の借金は配偶者は返済する義務を負いませんが、配偶者のためを思って自分の財産から返済をすることがあるでしょう。
しかし生活は改善されずどんどん借金が増えたために離婚をすることがあります。
このときに立て替えた借金の返還請求ができるかですが、こちらは行うことができます。
この借金が生活のためものだと請求できないときもありますが、金遣いの問題であることを主張することができれば返してもらえ離婚も成立するでしょう。

Page Top