前へ
次へ

離婚裁判で婚姻関係破綻後の交際を主張

婚姻関係がある間は夫婦なので一緒に生活をして生活費などを渡す必要があります。
ただ実際の夫婦の中には婚姻関係がありながら別居をしているケースも良くあります。
別居当初ならまだしもそれが数年以上続くとなると婚姻関係はありながら破綻している状態になるでしょう。
離婚裁判は単なる性格の不一致だけでは行えませんが、婚姻関係の破綻を主張すれば認めてもらえる可能性があります。
注意としては別居後から離婚成立までにどんな行動をとるかです。
離婚は成立していないが破綻しているときに配偶者以外の異性と交際が可能かですが、それを禁止しているわけではありません。
ただその関係がいつから始まっているかを離婚裁判で問われることがあり、破綻前からあるとしたらそれを理由として離婚や慰謝料の請求がされることがあります。
婚姻関係破綻後に交際をしているのであれば、そのための証拠が出せないといけないでしょう。
弁護士に依頼をしてどんな証拠が必要になるかを確認しておきましょう。

Page Top