前へ
次へ

離婚裁判で何をしたらよいのか

離婚をすることが決まった場合、話し合いをすればよいですが、話し合いで決着をつけることができないことも少なくありません。
特に親権に関する問題や財産に関する問題などは、すぐに話し合って結論が出るものではありません。
このようなときは弁護士を間にはさんで調停に持ち込むのがよいです。
調停は裁判所で行えますので、まともな話し合いができるでしょう。
ただそれでも話し合いで決着がつかない場合には、離婚裁判をする必要があります。
離婚裁判では、当事者がおこなうことはほとんどありません。
多くの場合弁護士が行いますので、特に何か当事者がおこなうことはなく、お金だけ払っていればよいことになります。
もし弁護士に何か聞かれた場合には、嘘をつかずに正直な答えをしましょう。
嘘がばれてしまった場合には、裁判官の心証の部分で不利になる可能性が高くなります。
もし費用がかかり過ぎると感じた場合には、途中で和解をしてもよいかもしれません。

Page Top